中鎖脂肪酸を解説

中鎖脂肪酸を解説

 

脂肪を構成する主な成分は脂肪酸といわれるものです。では、脂肪酸とは何かというと、炭素が鎖状に繋がったもので、その鎖の長さにより、短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸の3つに分類されています。この3つは長さが違うだけでなくそれじれ違う、性質上の特徴を持っています。

 

ほぼ全ての食用植物は炭素が12個以上繋がった長鎖脂肪酸で構成されています。それに比べトリグリセリドなど、中鎖脂肪酸からなるものは、炭素が8〜10個連なったもので、母乳や牛乳などの乳製品に3〜5% 椰子油、パーム油に5〜8%含まれているようです。

 

長鎖脂肪酸は体内に吸収され、リンパ管や静脈を通り、脂肪、筋肉、肝臓に分けられて蓄積された物が、必要に応じてエネルギーとして分解されます。ところが、消化吸収にかかる時間が長いため、過剰に摂取すると、体脂肪として溜め込まれやすい傾向が見られます。

 

では中鎖脂肪酸はというと、消化吸収にそれ程の時間を要せず肝臓へ通じる間脈を通りほぼ直接肝臓に達します。脂肪燃焼の起こるミトコンドリアへ迅速に運ばれる事からエネルギーとして使われやすいというのが特徴なのです。この特徴に目をつけ、1960年代から、未熟児の栄養補給や術後の滋養食など、医療面でも役立てられています。

 

中鎖脂肪酸が中性脂肪の燃焼を助けてくれる!

事実、長鎖脂肪酸と、中鎖脂肪酸の摂取後の脂肪酸の分解量を量った実験では明らかな違いが確認されています。中鎖脂肪酸では摂取後約3時間後に分解のピークが見られ、摂取後10時間以内には摂取した中鎖脂肪酸のほぼ全てが分解されていたそうです。

 

それに比べ長鎖脂肪酸ではピークは5時間後と遅く、また、そのピークそのものも小さく、摂取したものがほぼ丸々分解されないまま体内に体脂肪として蓄積された事が確認されています。この違いに注目し、最近では中鎖脂肪酸を使ったサラダ油なども出回っていますね。少し前の、「体に脂肪がつきにくい」といったCMキャッチコピーを覚えている方も多いかと思います。トクホ指定の油というものまであるようですね。

 

中鎖脂肪酸サプリ

更に、中鎖脂肪酸は、運動をした場合にもすばやくエネルギー源として使われることが分かっています。エネルギー消費の代謝の出発物質としても供給できることから、サプリとしての利用効果も高い脂質であることが分かると思います。

 

では、残る短鎖脂肪酸はというと、こちらも中鎖脂肪酸同様、消化吸収に要する時間が短く、エネルギー源としてすばやく消費される可能性があるのですが、その反面、劣化が早い為サプリメントとしての使用など食品として加工する事は困難だといわれています。

おすすめ中鎖脂肪酸サプリ

VCOサプリメント


中性脂肪を減らす天然の中鎖脂肪酸を大量に含んだ健康サプリ!全額返金キャンペーンもあるので気軽におためし可能です。


星 お試しへ