健康成分,スルフォラファン,効果

スルフォラファン

 

スルフォラファンは,アブラナ科の野菜に多く含まれる栄養素のひとつです。このスルフォラファン,最初から“スルフォラファン”という形で存在するのではありません。野菜中のグルコラファニンが,食物を噛砕くことで生まれるミロシナーゼという酵素で分解されることで生まれます。スルフォラファンは,体内で合成されるタイプの栄養素というわけです。

 

スルフォラファンを効果的に摂取するには?

スルフォラファンを多く摂取しようと思うならば,野菜を生で食べることをお勧めします。野菜に熱を通した場合と,生で食べる場合のスルフォラファンの量を比較しました。その結果,生の野菜には,熱を通した野菜の約3倍のスルフォラファンが含まれていることがわかりました。茹でや焼き以外でも,電子レンジ調理もスルフォラファンの量を減らします。

 

電子レンジ調理の場合,マイクロ波がスルフォラファンの細胞を破壊してしまうからです。スルフォラファンの摂取に効果的な調理方法は,生以外ですと蒸し料理がよいです。スルフォラファンは,新芽の状態,つまりスプラウト野菜に多く含まれています。スプラウト野菜とは,3〜10日間栽培された野菜です。代表的なものですと,モヤシやカイワレ大根が該当します。

 

→毎日簡単にスルフォラファンをとる方法

 

スルフォラファンを多く含む野菜は何か?

前述しましたが,スルフォラファンはアブラナ科の野菜に多く含まれています。例えば,ブロッコリーやキャベツ,青梗菜,ケール,カリフラワーなどです。

 

特にスプラウト野菜は,成熟した野菜よりも10倍以上のスルフォラファンを含んでいます。野菜によっては,成熟野菜の50倍以上のスルフォラファンを含んでいるというものもあります。

 

スルフォラファンがもたらす健康効果とは?
がん予防

スルフォラファンが世間から注目をされる栄養素になったきっかけは,がん予防への効果がわかったからです。スルフォラファンの優れた所は,特定のがんだけではなく,例えば,白血病,乳がん,前立腺がん,膵臓・胃・肺がんといった多くのがんに効果がある点です。

 

予防方法も多く効果が報告されています。がん細胞発達を抑制・停止する効果や,そもそものがんの元となる細胞を殺してしまう効果,ピロリ菌を減少させる効果などです。がん細胞は,体内にある発がん物質や活性酵素が正常な細胞を傷つけ,それが変化して生まれます。人間の身体にはこのがん化を防ぎ,正常な細胞を守る3つの力が存在します。

 

第一は,解毒力です。発がん物質や活性酵素の毒性をなくす力です。第二が,抗酸化力です。細胞が酸化・劣化するのを防ぐ力です。

 

第三は,免疫力です。がん化した細胞や,菌・ウイルスに冒された細胞が増えるのを抑制する力です。

 

これらの3つの力が,常時求められる以上の力を保っていれば問題ないのです。がん予防に必要なことは,これら3つの力が常に備わっているように身体を管理することです。スルフォラファンは,先の3つの力を高めるのに有効な栄養素で,がん予防に役立つと言えるのです。ただし,あくまで予防医学の範囲内の話であって,がんになってからも効果があるというわけではありません。

 

アンチエイジング

がん予防の話の中でも出ましたが,スルフォラファンは抗酸化力を促す効果のある成分です。抗酸化作用といえば,ビタミンCがお馴染みの栄養素ですね。スルフォラファンの抗酸化作用は,他の栄養素とは少し異なります。スルフォラファンは,抗酸化作用の持続期間が長いのです。その時間は,体内に取り入れてから72時間(3日)以上。

 

ビタミンCの抗酸化作用は短時間決戦ですので,長時間の効果を期待を求めるのならば,スルフォラファンの方が優れていると言えます。
活性酸素は,さまざまな病気の原因であり,老化も促します。ウイルスや紫外線,化学物質によって体内に炎症が起こると,活性酸素は勢いよく生まれます。

 

このとき分解しきれなかった活性酸素は,脂質やタンパク質と結びつき,過酸化脂質になります。過酸化脂質は,細胞に悪影響を与える物質です。炎症→活性酸素の大量生産→過酸化脂質の発生→細胞に悪影響…という,負のスパイラルの誕生です。この負のスパイラルから抜け出すためには,高い持続性のある抗酸化作用を持つスルフォラファンを摂取することは高ポイントです。

 

スルフォラファンの持久力ある抗酸化作用は,生活習慣病の予防やアンチエイジング面でも大きな力を発揮します。

 

肝臓強化

スルフォラファンは,肝臓の健康にも効果的な栄養素です,肝機能評価法のひとつである四塩化炭素肝障害モデルで,スルフォラファンを投与したところ,大きな解毒作用が確認されました。スルフォラファンを日頃から取り入れることで,肝機能の強化が図れます。年齢による肝機能の低下といった慢性的な症状や,飲み過ぎによる肝機能の低下といった一過性の症状のどちらにも効果があるとされています。

 

胃や腸といった消化器官や肺などの呼吸器官と違い,肝臓の働きはいまいちピンとこないかもしれません。肝臓の重さは1.2〜1.5sあり,人間の身体の中でいちばん大きな臓器です。その働きは,糖質や脂質の代謝,アルコールや毒物・薬物の解毒,胆汁のという分泌液の生成などです。ざっくり言うと,食べた物の必要のない部分を処理する働きという感じでしょうか。

 

肝臓は身体に不必要なものを処理する器官ですから,必要以上に不要なものを取り入れると,それまた必要以上に働かなければなりません。常に稼働している状態が続けば,肝臓に負担がかかり,いつか働かなくなります。肝臓に支障が生じる前に,肝臓の解毒機能をサポートすることが大切です。このサポート役に適任なのが,スルフォラファンというわけです。
スルフォラファンは,解毒酵素の生成を活発にさせます。〈肝臓のケア=身体全体の健康〉と言っても過言ではありません。スルフォラファンを取り入れることは,健康にプラスの効果が生まれるだけでなく,美容効果ももたらします。健康や美容面でよい状態のときは,肝臓の解毒力が高いときだと思っていいと思います。

 

肝臓の強化以外にも,スルフォラファンは肝炎にも有効という研究結果が出ています。肝炎には,ウイルス性とアルコール性のふたつのタイプが知られていますが,その両方にポジティブな反応を示しました。スルフォラファンは,あらゆるタイプの肝障害に対して,効果があるのではと期待されています。

 

ダイエット

スルフォラファンは脂肪の分解を促し,ダイエットの手助けもします。特に,中性脂肪の分解を促します。中性脂肪の分解は,ダイエットだけでなく,血管の若返りや肝硬変の予防にも有効です。

 

二日酔い対策

スルフォラファンは,肝臓強化によいと前述しました。健康な肝臓は,アルコールやアセトアルデヒドの分解能力を高めます。よって,二日酔い対策にも有効なのです。

 

その他

テレビの健康推進番組や雑誌の健康特集等でよく耳にするような身体の不安事項についても効果が期待されています。例えば,高血圧の予防やコレステロール値の低減,1型糖尿病の症状改善,誘発性胃腫瘍の防止。間接リウマチの改善,紫外線から目を守る…といった効果です。

 

→スルフォラファン配合のおすすめサプリ


ダイエットサプリランキング


いっぱい食べる君が好き♪ダイエットの大敵である、脂肪や炭水化物、糖分の吸収を穏やかに抑えてくれる!食べながらやせるダイエット始めよう!

星 お試しへ





ミネラルを摂りながらダイエットすることができるカロリストンは肌にやさしく女性に大人気!体に無理なくお手軽ダイエット!

星 お試しへ




サラシア(天然成分)を含んだメタバリアは糖の吸収をブロックしてくれるダイエットサプリメント!メタバリアで、食べたいものを我慢せずにダイエット!

星 お試しへ