サプリを上手に摂る方法なども紹介。サプリ選びの参考に。

トマトの効果がTV番組で紹介されるやいなや、スーパーや八百屋で軒並みトマトが売り切れた、というできごとが記憶に新しい方も多いでしょう。このとき注目されたのは「リコピン」という成分です。リコピンとは、植物が合成する色素「カロテン」の一種で、トマトの赤色はリコピンの色、ということになります。こういった、植物が生み出す成分をまとめて「ファイトケミカル」というのですが、近年このファイトケミカルの持つ健康作用が注目されつつあります。「赤ワイン効果」で有名になった「ポリフェノール」もファイトケミカルの一種です。

 

では、どうしてその「リコピン」が注目を浴びたのでしょうか。リコピンが注目された理由は、リコピンの持つ、優れた「抗酸化作用」にあります。抗酸化作用というのも、前出の赤ワインや、アンチエイジングの分野で盛んにとりあげられていますが、その意味は言葉の通り「酸化を防ぐ」作用を持つ、ということです。この場合「酸化」するのは主に「細胞」。身体の中では、ストレスや紫外線などさまざまな原因により「活性酸素」という極めて不安定な分子が発生し、手近にあある細胞を次々と酸化、つまりサビさせてしまいます。酸化してしまった細胞は、正常に働くことができなくなり、老化症状を引き起こしたり、ガンの原因になったりするといわれています。抗酸化作用のある物質は、この「酸化」を抑えてくれるのです。

 

抗酸化作用に優れた成分としては、緑黄色野菜に含まれるベータカロテンやビタミンEもよく知られていますが、リコピンの抗酸化力はベータカロテンのおよそ倍、ビタミンEのおよそ100倍ともいわれ、その威力の強さが伺えます。

 

リコピンは美容成分としても欠かせません

 

老化といえば、お肌の大敵でもあります。肌は直接紫外線を浴びる部分なことから、肌細胞は活性酸素発生の危険に常にさらされているといっても過言ではありません。「リコピンには美白効果がある」といわれるのは、お肌の活性酸素の働きを抑える上、シミやソバカスの原因となる「メラニン」をつくる「チロシナーゼ」という酵素の働きも抑えるからです。いわば、リコピン1つでダブルの美白効果を持っている、ということになります。

 

では美白に役立てるには、1日にどれくらいのリコピンを摂ればいいのでしょうか。健康や美白、美肌作りのためには、リコピンは1日に15mgは摂りたい、といわれています。リコピンを含む野菜はいろいろとありますが、効率的に摂るならやはりトマトがおすすめ。リコピン15mgを生のトマトに換算すると、2つ分くらいになります。毎日2コのトマト、もしくはトマト2コ分以上を使ったトマトジュースを習慣にすればいいわけですね。活性酸素はタバコでも発生しますから、喫煙の習慣がある方はもっと必要になるかもしれません。

 

リコピンの嬉しいところは、トマトを加熱調理しても摂取できるというところです。調理法を工夫して、できるだけ毎日続けてみてください。難しいときにはサプリメントの利用もおすすめです。


ダイエットサプリランキング


いっぱい食べる君が好き♪ダイエットの大敵である、脂肪や炭水化物、糖分の吸収を穏やかに抑えてくれる!食べながらやせるダイエット始めよう!

星 お試しへ





ミネラルを摂りながらダイエットすることができるカロリストンは肌にやさしく女性に大人気!体に無理なくお手軽ダイエット!

星 お試しへ




サラシア(天然成分)を含んだメタバリアは糖の吸収をブロックしてくれるダイエットサプリメント!メタバリアで、食べたいものを我慢せずにダイエット!

星 お試しへ