サプリを上手に摂る方法なども紹介。サプリ選びの参考に。

毎日生理が来ているから大丈夫、と思っている方も多いと思います。毎月生理が来ていても、排卵がしっかりされていなければ妊娠に至れません。排卵がされているかどうかは、毎日基礎体温をつけ、表にすることで手がかりとなります。

 

正常に高温期、月経、低温期、そして排卵のリズムがなされるには、健康的な食生活、過剰な飲酒は控え、ストレスフリーの生活に、適度な運動がよいとされています。適度な運動習慣を生活に取り入れ、妊娠に向けた体づくりを目指しましょう。

 

ウオーキング

足腰を動かすことで骨盤の血流と代謝を良くします。有酸素運動は30分以上の運動でようやく体脂肪が燃焼すると言われていますので、通勤時などに1駅分を歩いてみる、休日に少し早歩きの散歩をしてみるなど、日々の生活のなかにうまくウオーキングを取りいれていきましょう。万歩計をつけ、基礎体温表に記入するなど、モチベーションをあげる方法も各々で見つけていくとなお良いかもしれません。

 

ヨガ

ゆったりとした動作で自宅でも気楽に出来、妊娠中にも役立つのがヨガです。自分のペースでできるため無理なくこなせますし、出産時に必要な股関節をやわらかくする運動も、妊娠前から行うことでスムーズな出産を目指すこともできます。

 

スイミング

水中を大股で歩くだけで充分に有酸素運動となります。水泳教室に行くことがややネックとなりますが、妊娠した後はマタニティスイミングとして継続も可能です。激しい泳ぎなどはせず、あくまでも30分〜60分ほどの有酸素運動を生活に取り入れることを目標とし、スイミングクラブに入る際に相談をしましょう。

 

注意したいのが、運動と言ってもマラソンやエアロビクスなどの激しい運動は、逆に身体に負担をかけ、排卵しなくなることもあります。激しい運動は細胞を老化させる活性酸素を生み出します。これではせっかく食生活やサプリメントや薬などで、老化を防止するための努力をしていても水の泡です。自身の身体に合った、適度な運動を心がけましょう。

 

妊娠のためにできること〜ストレス解消と運度で妊娠しやすい体を手に入れる〜

妊娠したいのですが、なかなかできなくて悩んでいるというカップルがいると思います。いわゆる不妊の原因にはさまざまな原因があるものです。男性あるいは女性の生殖機能にやはりどこか問題がある場合にはそれを治療していく必要、もしくは補完するための「不妊」治療が必要になることと思われます。

 

しかし、そうではない場合、たとえば、ある程度年齢が高かったり。最近は結婚する年齢が高年齢になる傾向が強まっていますので、妊娠できないと悩む人も多いかもしれません。また、その時々の体調のよっても妊娠のしやすさは変化します。女性であればホルモンのバランスが崩れてしまい女性ホルモンの分泌が下がったり、男性であれば血行が不良になり勃起力や、セックスの回数に影響がでたりすると、妊娠の確率をグンとさげることになってしまいます。日常のこころとからだの状態をより健康に保つことは、妊娠しやすい体をつくるのに、とても重要なこととなります。

 

ストレスを溜めていませんか?

最近の調査では結婚する平均年齢は男性・女性とも30歳前後だとのことです。30年前に比べると3〜4歳程高くなっているようです。女性の場合にはそれまで仕事をしており、そして妊娠後も育児休業を取得して続けていく方も増えています。職場での立場や責任も高まっているでしょう。

 

当然仕事上のストレスを溜めているという人も多いことが想像できます。ストレスというと「こころ」の状態を指すことが多いのですが、当然体への影響も多くあります。脳の下垂体や視床下部という人間の生命維持に重要な働きをしている部分に影響を当たえ、先ほど述べたように、ホルモンバランスが崩れて、女性が妊娠するために必要な女性ホルモンの分泌を少なくしてしまうこともあります。

 

また、全身の血行を阻害してしまうのもストレスです。ストレスは人間の外部からの刺激への自然な防衛反応で自立神経系に作用します。場合によっては血管を縮小させ、全身の血のめぐりを悪くしてしまうことにつながります。女性に多い「冷え性」などは手や足など末端の血行が不良になり、体温を保つことがしにく状態です。これは妊娠へ悪い影響を及ぼします。男性の場合は前述した、勃起力の障害へとつながることも多いです。

 

さて、妊娠のために〜好きなこと・時間・運動〜

ストレスを上手に解消することは、女性にも・男性にも妊娠につながる体、健康な体をもたらせてくれます。たまったストレスを解消する方法として良く言われるのは、あるいはストレスを溜めにないためには、「好きなこと」や「趣味」の活動やその時間を持つことにより、ストレスの原因となる時間以外の時間を持つことです。もうひとつは運動です。

 

からだに直接働きかけて、ストレスにより弱った体を上手に刺激をすることになります。おすすめはウオーキングやジョギング、水泳などが代表となる有酸素運動です。ストレッチやヨガなど呼吸法を意識される運動も効果があります。ある程度持続した時間の運動は、全身の血行やリンパなどの流れを促し、新陳代謝を活発にしてくれます。こうした運動の機会を定期的に、週に3回以上確保できることが理想です。

妊活サプリランキング

kodakara

マカ・葉酸・タンポポなどの妊活に必要な栄養素がギュッと詰まったオールインワン妊活サプリ。お試し価格があるので安心です。


星


お試しへ



amoamo

蛯原英里さんプロデュースの大人気妊活サプリ。食事では摂りにくい妊活栄養素が手軽に摂れるのでおすすめ。


星

amoamo


お試しへ



プレミンパパ ママ

パパ・ママ二人で始められる妊活サプリ。パパ・ママに必要な妊活栄養素を3粒に凝縮。人気急上昇のサプリです。
星

プレミンパパ ママ


お試しへ



full-me MACA

綺麗になれる婚活サプリとして高い人気。国産マカと卵殻膜がホルモンバランスを整える効果があり妊活をサポート。


星

full-me MACA


お試しへ